シャルケ04

【フォーメーション図あり】2017/18 ブンデスリーガ 第4節 ヴェルダー・ブレーメン VS シャルケ04 レビュー

2017/18 ブンデスリーガ 第4節 ヴェルダー・ブレーメン VS シャルケ04

こんにちは!えむ (@shukyu_jika)です。

先制されたものの、2点を取って逆転したシャルケ。

ゴレツカの出来に左右されるような状態をもう少し改善していきたいですね。

それでは、フォーメーションと得点状況を中心にこの試合を振り返っていきたいと思います。

フォーメーション&スタメン

フォーメーション

ブレーメン スタメン

システム:3-5-2

GK 1 パブレンカ

DF 4 バウアー 26 サネ 13 ヴィリコビッチ

MF 15 エッゲシュタイン 23 ゲブレ セラシエ 5 アウグスティンソン 7 カインツ 6 デラネイ

FW 10 クルーゼ 22 バルテルス

シャルケ スタメン

システム:3-4-3

GK 1 フェアマン

DF 20 ケーラー 29 ナウド 5 ナスタシッチ

MF 18 カリジュリ 17 スタンブリ 8 ゴレツカ 24 オツィプカ

FW 25 アリ 19 ブルクシュタラー 11 コノプリャンカ

前半

【ブレーメン】クルーゼが負傷交代

ブレーメン 選手交代

19分 OUT:10 クルーゼ → IN:29 ベルフォディル

ケーラーのスライディングが足首に入ったクルーゼが負傷交代。ベルフォディルが入ります。

【ブレーメン/ゴール】CKのこぼれ球をサネが強烈なシュート

ブレーメン ゴール

20分サネ

CKからブレーメンが先制します。

アウグスティンソンのヘッドはゴールポストに嫌われますが、この跳ね返りをサネが強烈なシュートでロール。

【シャルケ/ゴール】ブレーメンが選手同士で交錯しオウンゴール

シャルケ ゴール

22分 オウンゴール

CKのクリアからケーラーがヘッドで中のナウドへ。

このボールをクリアしようとしたサネとヴェイコビッチが交錯しOG。

攻撃時シャルケのポジショニング

前半途中からスタンブリがアンカーのポジションへ、ゴレツカがトップ下のようなポジションに入り、アリがその横に落ちてくる変形3-5-2のような形になったようです。

コノプリャンカは中に入らずそのままウイングポジション。

守備時は3-4-3のまま。

後半

【シャルケ】ゲームコントロールを意識してベンタレブを投入

シャルケ 選手交代

46分 OUT:17 スタンブリ → IN:10 ベンタレブ

攻撃時にアンカーの位置で上手くボールを捌けず、イエローをもらってしまったスタンブリを下げて、ベンタレブを投入。

【シャルケ】ディ・サントを投入

シャルケ 選手交代

61分 OUT:11 コノプリャンカ → IN:9 ディ・サント

シャルケはコノプリャンカを下げて、ディ・サントを投入。

アリが左、ブルクシュタラーが右にポジションチェンジ。

【シャルケ】エンボロを投入し勝ちにいくシャルケ

シャルケ 選手交代

80分 OUT:25 アリ → IN:36 エンボロ

シャルケはアリを下げて、ケガから復帰したエンボロを投入します。

ブルクシュタラーが左へポジションチェンジ。

【シャルケ/ゴール】CKからゴレツカのボレーで逆転に成功

シャルケ ゴール

82分 ゴレツカ

シャルケが逆転に成功します。

カリジュリのCKをナスタシッチが競るも触れず、その後ろにいたゴレツカがボレーでゴール。

ゴレツカはたまたま足を出したら入ったのかと思いましたが、しっかりインサイドで当てていますし、あの一瞬でしっかり狙ったシュートでした。

【ブレーメン】同点を目指しハイロビッチを投入

ブレーメン 選手交代

84分 OUT:23 ゲブレ セラシエ → IN:15 ハイロビッチ

痛恨の失点を喫したブレーメンはゲブレ セラシエを下げて、ハイロビッチを投入。

試合終了 ヴェルダー・ブレーメン 1-2 シャルケ04

アウェイで貴重な勝ち点3をゲットしたシャルケ

今季アウェイでの初勝利をゲットしたシャルケ。

3点ともCKの流れで決まったゴールでした。

シャルケにとってはついにエンボロが復帰した事で前線のポジション争いが激しくなりそうです。

個人的には攻守にハードワークしていたアリがよかったかなーと思いました。

次戦は中2日でバイエルン戦。おそらく何人かはターンオーバーするでしょうが、テデスコ監督が誰をセレクトするのか楽しみですね。

NEXT 2017/18 ブンデスリーガ 第5節 シャルケ04 VS バイエルン レビュー

PREV 2017/18 ブンデスリーガ 第3節 シャルケ04 VS シュトゥットガルト レビュー