コラム

鈴木優磨の2018シーズン全ゴールを分析してみた

鈴木優磨の2018シーズン全ゴールを分析してみた

こんにちは!えむ (@shukyu_jika)です。

2018シーズンは鈴木優磨の活躍なくして語れません。シーズン途中でトップスコアラーだった金崎夢生が鳥栖に移籍し、鹿島アントラーズは鈴木にエースストライカーの座を託しました。

その結果、鈴木はキャリア最多のゴールを決めて見事に期待に答えました。

この記事では鈴木優磨が決めた2018シーズンの全ゴールをいろんな角度から見てみたいと思います。

大会別ゴール

2018 鈴木優磨ゴール 大会別

今季(2018)はリーグで11ゴールを達成したものの、意外にもACLでは2ゴール。天皇杯では2試合で4ゴールを決めています。

シーズン終盤は激しいマークに苦しみ、ゴールを減らしました。(特にリーグ最終節の鳥栖戦では高橋(祐)からかなりのハードマークを受けていました)

来季(2019)はACLでも多くのゴールを期待したいです。

パーツ別ゴール

2018 鈴木優磨ゴール パーツ別

身体の部分別にゴール数を見てみると最多なのは右足で8ゴール。続いて頭が7ゴール。左足でのゴールは2つにとどまりました。

鈴木優磨はヘディングが強いイメージのあるだけにヘディングで7ゴール奪っているのは納得できますが、そのうち4つは天皇杯でHondaFC(JFL)、町田ゼルビア(J2)で決めています。

同カテゴリー以上の試合に限ってみると利き足は頭!ではなく本来の右足ですね。

リーグ戦で決めたこのヘディングはスカッとしましたねー!

スポンサーリンク

シュートエリア

2018 鈴木優磨ゴール エリア別

ゴールとなったシュートを打った位置を見てみると、ほぼペナルティーエリア内中央です。

ACLではかなりの至近距離からゴールを決めています。

まさにボックスストライカーといえるシュートエリアです。

唯一ペナルティーエリア外からのシュートはリーグ戦で放った左足のミドルのみでした。

ゴールパターン

2018 鈴木優磨ゴール パターン別

ゴールの状況・パターン別に見てみます。

最多のゴールパターンはクロスで6ゴール。(そのうち天皇杯が4ゴール)

次にこぼれ球が4ゴールとなっています。泥臭くゴールを狙うハンターのような獰猛なプレーぶりがうかがえます。

スポンサーリンク

2018シーズンのベストゴール

私が勝手に選ぶ、鈴木優磨の今季(2018)のベストゴールは、J1リーグ第14節セレッソ大阪戦で決めたゴールです。


犬飼が低い位置から前につけたボールに反応した鈴木がワンタッチでDFをかわし、センターラインからゴール前まで一気にドリブルで運び、飛び出してきたGKをあざ笑うようなループシュートはナイスゴールでした!

おわりに

この記事では鈴木優磨が決めた2018シーズンの全ゴールを様々な角度から見てみました。

今季はボックスストライカーとして足でも頭でもゴールが奪えるストライカーとして大活躍しました。鈴木はゴール以外にアシストも多いですし、ポストプレーやプレスなどチーム内で多くのタスクをこなしています。

いずれ海外に行ってしまう選手なのは間違いないですが、それまでの間は鹿島アントラーズでさらなる活躍を期待したいですね!

ABOUT ME
えむ
えむ
鹿島アントラーズからサッカーを読み解く「蹴球鹿」の中の人です。 鹿島のレジェンド・相馬直樹選手を見てサッカーをはじめてからずっと鹿島アントラーズを応援しています。 学生時代のポジションは左サイドバック、ボランチ。 最近当ブログ記事の無断転載が増えています。ご遠慮ください。