鹿島アントラーズ

【山本脩斗】攻守に優れた左サイドバック・山本脩斗のプレースタイルは?【鹿島アントラーズ】

鹿島アントラーズ山本脩斗プレースタイル

こんにちは!えむ (@shukyu_jika)です。

2014年にジュビロ磐田から鹿島アントラーズに移籍して以来、不動の左サイドバックとして活躍する山本脩斗選手。

プレースタイルと実直な性格のおかげで、影が薄い印象がありますが、鹿島アントラーズにとっては必要不可欠な選手です。

今回は山本脩斗選手のプレースタイルを掘り下げていきたいと思います。

山本脩斗選手のデータをチェック

名前:山本 脩斗(YAMAMOTO SHUTO)

ポジション:DF

身長/体重:180cm / 69kg

生年月日:1985/06/01

利き足:右

所属:ジュビロ磐田(2008-2013)→鹿島アントラーズ(2014-)

高校サッカー時代の恩師(斎藤重信監督)が同じこともあり、小笠原選手を尊敬しています。
※山本選手は盛岡商業高校、小笠原選手は大船渡高校で斎藤監督の指導を受けています。

早稲田大学を卒業後、ジュビロ磐田に入団しますが、メディカルチェックで病気が見つかってしまいます。
病気によりフルシーズン活躍するのが難しい時期もありましたが、病気の乗り越えたあとも不動の地位を掴むまでには至りませんでした。

2013年シーズンにはジュビロ磐田がJ2に降格することが決定。
当時、鹿島アントラーズを指揮していたトニーニョ・セレーゾが獲得を希望したことから、鹿島アントラーズに移籍することになりました。

ジュビロ磐田で出場機会を失っていた選手を獲得することに、否定的なサポーターもいました。
そんな状況でも、批判の声をハネ返すほどの活躍を見せた山本選手は、鹿島アントラーズに無くてはならない存在です。

山本脩斗選手のポジション

山本脩斗ポジション

左サイドバックが主戦場ですが、チーム事情により右サイドバック、センターバックとしてプレーすることもあります。

山本脩斗選手のプレースタイル

運動量が豊富で、攻守の能力が高いオールマイティーなサイドバックです。

ヘディングも得意としています。

◎豊富な運動量

サイドバックにはスタミナ自慢の選手も多いですが、山本選手も運動量が豊富な選手です。

その運動量は、延長戦後半でも猛スピードで攻め上がれるほどです。

疲れている味方の分も走れる献身性も兼ね備えています。

◎ヘディングの強さ

山本選手はサイドバックながら、ヘディングを得意としています。

Jリーグではサイドバックの身長が低いため、長身のFWをサイドバックの近くに配置して、そこにロングボールを蹴るというパワープレーをするチームもあります。

山本選手はヘディングが強いため、競り合いに自信のある相手とも互角に渡りあえます。

攻撃時には右サイドからのクロスボールをヘディングシュートする場面や、中央で待つFWに折り返したりするプレーを見せます。

コーナーキックからの得点も決めており、得意のヘディングを攻守に活かしています。

◎センターバックのカバー

山本選手は守備面の能力も高いので、センターバックにとっても頼りになる存在です。

サイドバックのディフェンスではセンターバックが持ち場を離れた際、中に絞るカバーリングをしなくてはなりません。

たとえば、センターバックがサイドに引っ張られたときは、下の図のとおりに絞ってスライドします。

山本 脩斗-カバー

山本選手はこの絞りもサボらず、キッチリ中央にスライドして、センターバックが開けたスペースを埋めてくれます。

△スピード勝負が苦手

スピードや俊敏性に特徴がある選手や、積極的に仕掛けてくるタイプの選手を苦手としています。

Jリーグでは、ミキッチ選手(サンフレッチェ広島)、マルティノス選手(横浜F・マリノス)、伊東純也選手(柏レイソル)などに手を焼いている場面があります。

2017年にカシマスタジアムで行われた柏レイソル戦では、伊東純也選手に2度ほど突破された場面がありましたが、それ以降はチャンスを与えず、苦手な選手にも対応できる能力を見せつつあります。

総合的な能力はJリーグのサイドバック屈指

豊富な運動量があり、攻守にバランスの取れた選手というだけでも、Jリーグの中で有力な選手であることは間違いありません、

サイドバックながら、ヘディングが強いのもストロングポイントです。

さらにフィジカルを活かしたゴリゴリしたドリブルでサイドを突破する場面を見せるなど、今も成長を続けています。

山本選手はJリーグでも屈指のサイドバックといえますね。

まとめ

鹿島アントラーズのいぶし銀・山本脩斗選手を紹介しました。

山本脩斗選手のプレースタイルをまとめると…

山本脩斗選手のプレースタイルまとめ
  • 総合的に能力の高いサイドバック
  • ヘディングが得意でセンターバックのカバーもしっかり行う
  • スピード系の選手が苦手としているが、対処法を習得しつつある

鹿島アントラーズで不動の左サイドバックとして君臨する山本脩斗選手。

これからも渋い活躍を期待しています!

ABOUT ME
えむ
鹿島アントラーズからサッカーを読み解く「蹴球鹿」の中の人です。 鹿島のレジェンド・相馬直樹選手を見てサッカーをはじめてからずっと鹿島アントラーズを応援しています。 学生時代のポジションは左サイドバック、ボランチ。